山崎和邦オフィシャルサイト

トップページ > > トランプラリー始動水準は一つの目途 [2017年5月7日号]

トランプラリー始動水準は一つの目途 [2017年5月7日号]

◆2017年5月7日号の目次
 1. 先週(2日間だけ)の市況
 2. FRBは3日~4日の公開市場委員会FOMCで追加利上げを見送った
 3. ドル建てで見た日経平均はITバブル最高値の2000年4月以来の高値
 4. 個人投資家の手元資金は豊富 
 5. 先々週は今年最大の週間上げ幅
 6. 金正恩の挑発に軽々しく乗ってしまったトランプ
 7. 米朝が火力を使った戦争をやるか、それはやらない
 8. トランプの経済政策と議会の折り合い
 9. 昨年6月のBrexit騒動に次いでまたまた欧州の政治イベントのリスク 
10. 手堅い投資家なら「休むも相場」
11. 中東にも迫る政治リスク(5月19日投票のイラン大統領選の話し)
12. 海外の重要イベントを控え様子見ムード
13. トランプラリー始動水準は一つの目途

【蛇足】「トランプ米大統領の批判にはリスクが伴う」
         ―170年後に現出した「共産党宣言」

*一部抜粋 (13)トランプラリー始動水準は一つの目途

4月30日号の本稿の「図5」(図表付き週報)を一見して明らかなように自動車株全般がトランプラリー始動水準まで下げ止まり、小反発に転じた。トランプラリー始動水準11月9日の16,200円台、そしてトランプラリーの始まる前の17,000円台、ここが一つの目途にはなる。例えばダイワハウスが創業以来の経常利益を大幅に示現したにもかかわらず、一昨年の日経平均の高値を抜いていない。多くのゼネコンの株価もそうである。これらはトランプにも海外政治リスクにも基本的には関係がない銘柄だ。これが大天井を抜いていない。かつ、自動車株はトランプラリーの下値始動水準を下値として下がり、そこから小反発した。これは「下値には限度がある。上値にも限度がある。故にその区間のサンドイッチ相場、ボックス相場」を当面は抜けないということを示唆しているとしか見えない。

 

【 図 11 】 トヨタは、5月10日(水)に決算発表を控える。

20170507_週報_7203D

 

【 図 12 】 中期的にも、アベノミクスの半値押し水準が下値を支える動きに。

20170507_週報_7203W

【 図 13 】 その他、自動車株の動き。今後もショック安等の節目を注視。下げのきつかった自動車株全般に、トランプラリーの始動水準で下げ止まる。

20170507_週報_7201D

20170507_週報_7261D

 

 

続きは「まぐまぐ!」の有料サービスでご覧ください