山崎和邦オフィシャルサイト

トップページ > 株式会社まぐまぐ(証券コード:4059)主催、山崎和邦・一日集中「Webセミナー」

株式会社まぐまぐ(証券コード:4059)主催、山崎和邦・一日集中「Webセミナー」

2021年はインターネットを利用した「Webセミナー」に

「一日集中セミナー」としては、
2017年に東京証券会館にて開催した以来となります。

従来、東京証券会館で参加費3万円で開催し、
ご好評を頂いてきたセミナーを、
今回はオンラインで1万5千円で開催します。

*万が一、開催日の1月16日(土)にライブでご覧いただけない場合でも、
お申込み頂いた方は、セミナー収録動画をいつでもご覧いただけます。

 

NYダウ史上最高値3万ドル乗せ、日経平均は史上最高値の7割弱のレベル!
やがては来る「壮年期相場」! さあ、どうするか!?

本稿では、2018年10月の景気の「山」を迎える前から、現金ポジションを高めておこうと一貫して呼びかけてきました。

それは、2020年前半に既につけた可能性が高い景気の「谷」を迎えるためでした。
既に2020年に景気の「谷」をつけ景気回復局面にある可能性が高い中、一方で過剰流動性によるバブル懸念と向き合いながら、やがては来る「壮年期相場」、2021年相場にいまからどう向き合ってゆくのか!?

 
【セミナー告知動画】
*こちらの動画は、2020年12月30日大納会に山崎和邦 メルマガ週報「投機の流儀」全読者に配信した動画になります。

 

■ セミナー内容

 

・Chapter-1: 基調講演(13:00-14:00)

「景気循環」の基本経路と相場循環を知る
「景気変動は成長と結びついて循環する」(命題1)とする。
「株価変動は景気循環に先行する」(命題2)とする。
景気循環の基本経路を知り、(命題2)の含意を弁えれば、大底圏内と大天井圏内は読めるものである。

20180222_動画_GE

○大底を示現して次なる大相場を作出するものは常に政策発動と市場独自の力の合作である。
○2021年の相場動向を景気循環論から解く
○大底圏の付け方にもいろいろある
○景気循環は何年くらいのスパンで動くのか(景気循環の基本)
○暴落時の心得
○相場の大底圏内の見分け方
○大きな相場のうねりはどこでやってくるのか?今がそれか?
 

・Chapter-2: 事前アンケート(14:00-15:00)

「読者諸賢と私の成功例・失敗例から学ぶ」、その上で次の「壮年期相場」に向けての準備をする
 

・Chapter-3: 2021年相場の見通し(15:00-15:30)

「バブル懸念」と向き合いながら、やがては来る「壮年期相場」、2021年相場へどう対応するか、またその心構え
 

・Chapter-4: 大通り銘柄の大勢下限を狙う!(15:30-16:00)

(Chapter-4解説者:石原健一・元 大和証券投資情報部テクニカルアナリスト)
 
20180222_動画_GE

週報(罫線資料版)・動画で、大勢下限銘柄として取り上げてきた日本郵船(9101)・三井金属(5706)などは3月安値からは2倍以上の上昇となりました。
新たな銘柄を探すことに時間を費やさなくとも、「月足・対数チャート」で、ある一定の大通り銘柄の大勢下限水準を把握すれば、今後もその好機の水準に来た時に行動するだけです。
実践的な買い方、大勢下限水準を把握し、次の壮年期相場で行動できるように準備します。(文責:石原健一)
20180222_動画_GE

 

・オンライン質疑応答(16:00-17:00)

オンラインでの質疑応答、参加者皆様と「バブル懸念」と向き合いながらも当面の最後の好機となろう「壮年期相場」に向けての準備、心構えを、山崎先生を中心に再確認する時間とします。

 

■開催日時

2021年1月16日(土)

【本編】13:00~16:00
【オンライン質疑応答】16:00~17:00
 

■Webセミナー注意事項

ご入力いただいたアドレス宛にWebセミナーの視聴用URL・資料を開催前日までにお送りいたします。
お使いの端末や通信ネットワークの環境によっては正常にWebセミナーを視聴できない場合がありますのであらかじめご了承ください。

 

■お申し込みはこちら

*参加のお申込みが50名を超えた為、先着50名様の「後日山崎先生との20分直接電話」は終了となりました。

【 Webセミナー参加費 】15,000円(税込)

【先着特典】先着50名様は、後日に山崎先生と20分直接電話できます

 

 
*お申し込み方法は、2つから選択してください。

【 お申し込み(クレジットカード決済の場合) 】 下記リンク先になります

https://t.livepocket.jp/e/wegzj

 

【 お申し込み(振込の場合) 】

*お振込みでの入金は、14日(木)までの入金で締め切りとさせて頂きます。
お振込みをご希望下記のメールアドレスからお申し込みください。
件名を「1月16日山崎和邦セミナー参加申込」として、
お名前(フリガナ)・電話番号 をお送り下さい。
折り返し、参加料金振込口座をお知らせいたします。

【 お申し込み先 】 宛先:m-unit@mag2.com

※メールをいただいただけではお申込扱いとなりません。
※まぐまぐでのお振込確認をもって、お申込受付となります
※なお、お申込みに際していただいた個人情報については、まぐまぐのイベントの連絡・告知についてのみ利用させていただきます。まぐまぐのプライバシーポリシーについては下記のリンクをご覧ください。

https://www.mag2.com/terms/privacy.html

上記メールアドレスへの送信をもって、まぐまぐのプライバシーポリシーにご承諾いただいたこととさせていただきます。